HOME > 施設紹介:あじさい1

施設紹介

放課後等デイサービス あじさい1

  • 児童発達支援事業 あじさい1
  • 児童発達支援事業 あじさい1

ひとりひとりが自分らしさをみつけ、
お互いの「らしさ」を認め合うことができる仲間づくり。

様々な体験を通じて、ひとりひとりが自分らしさをみつけ、自信をもって活動できるようにカリキュラムを設定しています。また、お互いの「らしさ」を認め合うことができる仲間づくりを目指し、そこで培った力を家庭や学校、地域社会で発揮できるように、関係各機関と連携を図りながら支援していきます。

有資格者がきめ細かな支援を行います。

有資格者がきめ細かな支援を行います。

保育士、幼稚園教諭、介護福祉士、小学校特別支援学校教諭のなどの資格をもつ有資格者がきめ細かな支援を行います。

職員の資質向上に努めています。

職員の資質向上に努めています。

職員の資質向上の為、定期的に内部研修、外部研修も実施しています。

療育スペースをできるだけ広く確保しました。

療育スペースをできるだけ広く確保しました。

広く綺麗な室内です。子どもたちがのびのびと過ごすことができるように、療育スペースをできるだけ広く確保しました。

外観
外観
療育室
療育室
学習スペース
学習スペース

事業概要

事業の種別
放課後等デイサービス
事業所名
放課後等デイサービスあじさい1
事業所番号
0150300622
対象
小学1年生~4年生
住所
札幌市東区北34条東17丁目1番26号 LEE新道東ビル1階
営業日時
月~金
営業時間:11:00~19:45
療育時間:14:00~18:00
土、及び学校長期休業日(夏休み、冬休み等)
営業時間:9:00~17:45
療育時間:10:00~16:00
定休日
日・祝日・お盆・年末年始
電話番号
011-783-0754
FAX
011-299-9279
E-mail
houdayajisai1@gmail.com
サービス
単独
通所
おやこ
通所
幼 児 児 童 送 迎 お食事 おやつ
空き情報
元気さーち
(札幌市障害福祉サービス事業所等の空き情報ホームページ)
http://www.sapporo-akijoho.jp

保護者向放課後等デイサービス評価表
(令和2年度)

保護者等数(児童数):24 回答数:24 回収率:100%
チェック項目 はい どちらとも
言えない
いいえ わからない

環境・体制整備

子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか 23 0 0 1
職員の配置数や専門性は適切であるか 20 2 0 2
事業所の設備等は、スロープや手すりの設置などバリアフリー化の配慮が適切になされているか 16 2 0 6

適切な支援の提供

子どもと保護者のニーズや課題が客観的に分析された上で、放課後等デイサービス計画が作成されているか 23 1 0 0
活動プログラムが固定化しないよう工夫されているか 19 4 0 1
放課後児童クラブや児童館との交流や障がいのない子どもと活動する機会があるか 5 8 3 8
(無回答1)

保護者への説明等

支援内容、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか 23 1 0 0
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解ができているか 24 0 0 0
保護者に対して面談や、育児に関する助言等の支援が行われているか 22 1 0 1
父母会の活動の支援や、保護者会等の開催等により保護者同士の連携が支援されているか 13 7 1 3
子どもや保護者からの苦情について、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知・説明し、苦情があった場合に迅速かつ適切に対応しているか 18 3 0 3
子どもや保護者との意思疎通や情報伝達の為の配慮がなされているか 23 1 0 0
定期的に会報やホームページ等で、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報や業務に関する自己評価の結果を子どもや保護者に対して発信されているか 22 2 0 0
個人情報の取り扱いに十分注意されてるか 21 2 0 1

非常時等の対応

緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、保護者に周知・説明されているか。 23 1 0 0
非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出、その他必要な訓練がされているか 23 1 0 0

満足度

子どもは通所を楽しみにしているか 24 0 0 0
事業所の支援に満足しているか。 23 1 0 0
◎この「保護者等からの事業所評価の集計結果 (公表) 」は、保護者等の皆様に「保護者等向け放課後等デイサービス評価表」により事業所の評価を行っていただき、その結果を集計したものです。

事業所向放課後等デイサービス
自己評価表(令和2年度)

チェック項目 はい どちらとも
言えない
いいえ 工夫している点 課題や改善すべき点を踏まえた
改善内容又は改善目標

環境・体制整備

利用定員が指導訓練室等スペースとの関係で適切であるか 活動に取り組みやすく、過ごしやすい環境の工夫を行っている。 死角がないように、安全面についても引き続き配慮していく。
職員の配置数や専門性は適切であるか 人員配置基準より多く指導員を配置している。
事業所の設備等について、バリアフリー化の配慮が適切になされているか 段差等については、賃貸物件のため改修は難しいので、安全面について十分に配慮していく。また、玄関については、混雑せず、靴を履きやすいように環境面と誘導の仕方について、見直しを行っていく。

業務改善

業務改善を進めるためのPDCAサイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画しているか 日々、打合せ等を行い、改善点などを職員みんなで確認し、業務にあたっている。
保護者等向け評価表により、保護者に対して事業所の評価を実施するとともに、保護者等の意向等を把握し業務改善につなげているか 保護者向け評価表を活用し、保護者等の意向を把握している。 保護者等の意向を、事業所全体で検討を重ね、今後どのような形で改善していくのか一つ一つ丁寧に考えていく。
この自己評価の結果を、事業所の会報やホームページ等で公開しているか ホームページにて結果を公表している。
第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげているか 第三者評価実施なし。
職員の資質向上を行うために、研修の機会を確保しているか 毎月、職員の資質向上のために内部研修を行っている。 今年度は、新型コロナウイルスの影響があり、外部研修に参加できない状況だった。オンラインでの研修も開催されているため、今後どんどん参加し、資質向上に努めていく。

適切な支援の提供

アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、放課後等デイサービス計画を作成しているか
子どもの適応行動の状況を図るために、標準化されたアセスメントツールを作成しているか 既成のアセスメントツールは使用していないが、ガイドラインや発達指標を参考にしている。
活動プログラムの立案をチームで行っているか 利用のメンバーや個別の児童の様子に応じて、活動プログラムを立案している。療育時間の長い土曜日や長期休暇中は、その時期ならではの経験ができるように活動を立案している。
活動プログラムが固定化しないよう工夫しているか
平日、休日、長期休暇に応じて、課題をきめ細やかに設定して支援しているか
子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて放課後等デイサービス計画を作成しているか
支援開始前には職員間で必ず打ち合わせをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認しているか 支援開始前後に必ず打合せを行い、支援内容や児童の様子について、共有を図っている。
支援終了後には、職員間で必ず打ち合わせをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気付いた点等を共有しているか
日々の支援に関して記録をとることを徹底し、支援の検証・改善につなげているか
定期的にモニタリングを行い、放課後等デイサービス計画の見直しの必要性を判断しているか
ガイドラインの総則の基本活動を複数組み合わせて支援を行っているか

関係機関や保護者との連携

障害児相談支援事業所のサービス担当者会議にその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画しているか
学校との情報共有(年間計画・行事予定等の交換、子どもの下校時刻の確認等)、連絡調整(送迎時の対応、トラブル発生時の連絡)を適切に行っているか 学校への送迎時やケース会議の開催により、今後も学校との情報共有を図っていく。
医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、子どもの主治医等と連絡体制を整えているか 現在のところ、在籍児童においては医療的ケアを必要としているケースがない。
就学前に利用していた保育所や幼稚園、認定こども園、児童発達支援事業所等との間で情報共有と相互理解に努めているか 同法人内で、年齢に応じて事業所を移行する際には、十分な情報共有を行っている。
学校を卒業し、放課後等デイサービス事業所から障害福祉サービス事業所等へ移行する場合、それまでの支援内容等の情報を提供する等しているか 障害福祉サービス事業所等へ移行する児童がいない。
児童発達支援センターや発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか 今年度は、新型コロナウイルスの影響があり、研修など開催されないことが多かった。今後開催される研修等については、参加していく。
放課後児童クラブや児童館との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか コロナの影響で回数は去年に比べると減ってしまったが、屋外で地域の子どもたちと一緒に鬼ごっこなどをする機会を作っている。利用児童の特性なども考え、交流の場所や時間など、今後様子を見て再度検討していく。
(地域自立支援)協議会等へ積極的に参加しているか 今年度は、開催機会がなく参加できなかったが、地域の状況や取り組みなどの情報を収集する上でも、開催される際には、積極的に参加していく。
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解を持っているか 今後も丁寧な情報共有を心がけ、保護者会や個別面談を行いながら、支援体制を整えていく。
保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対してペアレント・トレーニング等の支援を行っているか

保護者への説明責任等

運営規程、利用者負担等について丁寧な説明を行っているか 契約時に運営規程などの説明を行い、事業所内に常時掲示しているが、変更や不明な点があった場合には、丁寧な説明を行っていく。
保護者からの子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか
父母の会の活動を支援したり、保護者会等を開催する等により、保護者同士の連携を支援しているか 今年度は、新型コロナウイルスの感染リスクの観点から、保護者会の開催を控えていた。今後、感染リスクを下げた上で、保護者会が開催できるよう、開催の仕方について十分に検討し、機会を作っていく。
子どもや保護者からの苦情について、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、苦情があった場合に迅速かつ適切に対応しているか
定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか 今後も、活動の様子や子どもたちの色々な姿を、おたよりなどを通してお知らせしていく。
個人情報の取り扱いに十分注意しているか
障がいのある子どもや保護者との意思疎通や情報伝達のための配慮をしているか 個別の活動を選択できるツールや予定の確認を行えるツールなどを使い、子どもたちがやりたいと思うことを引きだせるような工夫をしている。 保護者の方との情報伝達では、両者とも、口頭だけではなく書面も使い、伝え忘れなどがないように行っている。今後も、この形を続けていく。
事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っているか 今年は、感染防止の観点から、事業所に利用児童以外が入る機会は避けていたため、地域住民の方との交流は難しかった。今後、畑など屋外での感染リスクを下げた場で交流を行うなど、少しずつ地域との交流を図っていく。

非常時等の対応

緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、職員や保護者に周知するとともに発生を想定した訓練を実施しているか マニュアルは策定しているが、今年は事業所からの発信が少なくなってしまったため、今後はわかりやすく保護者の方に発信し周知していく手立てをとっていく。
非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っているか 緊急時に安全に避難できるように、年間計画を立て、すべての曜日で避難訓練を行っている。
虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をしているか 虐待防止委員会の設置。外部の虐待防止研修の参加、内部研修では、法人全体で虐待防止研修を行っている。
どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得た上で、放課後等デイサービス計画に記載しているか 現在、身体拘束対象のケースがないため、計画への記載はない。今後そのようなケースがあった場合は、身体拘束以外の方法が本当にないのかを組織内でしっかりと検討し、やむを得ず身体拘束を行う場合は、丁寧な説明のうえ、対応を行っていく。
食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか アレルギーの有無については、医師の指示書ではなく、保護者からの聞き取りと書面での報告をもとに把握している。また、食物アレルギーと対象児童の一覧表を掲示し、職員で周知徹底と毎日のおやつ準備の際に確認を行っている。
ヒヤリハット事例集を作成して事業所内で共有しているか
◎この「事業所における自己評価結果 (公表) 」は、事業所全体で行った自己評価です。