HOME > 施設紹介:あじさい1

施設紹介

放課後等デイサービス あじさい1

  • 児童発達支援事業 あじさい1
  • 児童発達支援事業 あじさい1

ひとりひとりが自分らしさをみつけ、
お互いの「らしさ」を認め合うことができる仲間づくり。

様々な体験を通じて、ひとりひとりが自分らしさをみつけ、自信をもって活動できるようにカリキュラムを設定しています。また、お互いの「らしさ」を認め合うことができる仲間づくりを目指し、そこで培った力を家庭や学校、地域社会で発揮できるように、関係各機関と連携を図りながら支援していきます。

有資格者がきめ細かな支援を行います。

有資格者がきめ細かな支援を行います。

保育士、幼稚園教諭、介護福祉士、小学校特別支援学校教諭のなどの資格をもつ有資格者がきめ細かな支援を行います。

職員の資質向上に努めています。

職員の資質向上に努めています。

職員の資質向上の為、定期的に内部研修、外部研修も実施しています。

療育スペースをできるだけ広く確保しました。

療育スペースをできるだけ広く確保しました。

広く綺麗な室内です。子どもたちがのびのびと過ごすことができるように、療育スペースをできるだけ広く確保しました。

外観
外観
療育室
療育室
学習スペース
学習スペース

事業概要

事業の種別
放課後等デイサービス
事業所名
放課後等デイサービスあじさい1
事業所番号
0150300622
対象
小学1年生~4年生
住所
札幌市東区北34条東17丁目1番26号 LEE新道東ビル1階
営業日時
月~金
営業時間:11:00~19:45
療育時間:14:00~18:00
土、及び学校長期休業日(夏休み、冬休み等)
営業時間:9:00~17:45
療育時間:10:00~16:00
定休日
日・祝日・お盆・年末年始
電話番号
011-783-0754
FAX
011-299-9279
E-mail
houdayajisai1@gmail.com
サービス
単独
通所
おやこ
通所
幼 児 児 童 送 迎 お食事 おやつ
空き情報
元気さーち
(札幌市障害福祉サービス事業所等の空き情報ホームページ)
http://www.sapporo-akijoho.jp

保護者向放課後等デイサービス評価表
(平成29年度)

回答数:29 回収率:100%
チェック項目 はい どちらとも
言えない
いいえ わからない 回答
なし
ご意見等

環境・体制整備

子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか 26 3
施設内をじっくり見ていなかったのでわからない。
欲を言えばもう一つ部屋がほしい。
職員の配置数や専門性は適切であるか 29
先生の数も多い方だと思う。安心できる。
事業所の設備等は、スロープや手すりの設置などバリアフリー化の配慮が適切になされているか 20 9
気にしてみたことがないのでよくわからない。(同様意見4件)

適切な支援の提供

子どもと保護者のニーズや課題が、客観的に分析された上で、放課後等デイサービス計画*ⅰが作成されているか 29
とても細かく個別の計画を立ててもらっていると思う
こちらからの願いも聞いてもらい、かつ色々とアプローチしてもらうなどきちんと子どもを見てもらえていると思う
活動プログラム*ⅱが固定化しないよう工夫されているか 26 3
中、外での遊び、クッキングなど色々とあり子どもが飽きることがない。
放課後児童クラブや児童館との交流や障がいのない子どもと活動する機会があるか 14 12 3
公共の場にたくさん連れていってもらっているので交流はあると思うが、具体的な活動としてはないかなと思う。
あまりきいたことがない。

保護者への説明等

支援内容、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか 29
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解ができているか 28 1
ノートもきちんと目を通してもらい、返答も早いので助かっている。
あじさいでの活動で子どもの知らなかった面に気付くことができたり、どのように対応すればいいのかを知ることができている
保護者に対して面談や、育児に関する助言等の支援が行われているか 29
話をきちんと聞いてもらえて私共も安心している。
父母会の活動の支援や、保護者会等の開催等により保護者同士の連携が支援されているか 8 12 9
可能であれば1年に一回でも開かれると嬉しい。
他の保護者と意見交換ができる機会があるとよい
子どもや保護者からの苦情について、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知・説明し、苦情があった場合に迅速かつ適切に対応しているか 22 7
苦情等の機会がないのでよくわからない。(同様意見1件)
子どもや保護者との意思疎通や情報伝達の為の配慮がなされているか 29
毎回細かく話してもらっており、様子が良く分かる。
定期的に会報やホームページ等で、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報や業務に関する自己評価の結果を子どもや保護者に対して発信されているか 29
おたよりはいつもきれいで読みやすく、親子で楽しみに読ませてもらっている。
個人情報の取り扱いに十分注意されてるか 28 1

非常時等の対応

緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、保護者に周知・説明されているか。 24 4 1
防犯、Jアラート等の対応の説明はあったが、送迎時の事故が起きた場合のマニュアルも教えてほしい。(保険証のコピーの提出の有無も含めて)
非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出、その他必要な訓練がされているか 22 7
訓練は定期的に行われていて助かっている。

満足度

子どもは通所を楽しみにしているか 28
(うち、◎2)
1
とても楽しみに通っています。
学校での生活も少しずつ慣れながらも大変なこともあり、こちらへ来ることが安らげる時間となっています。
事業所の支援に満足しているか。 29
(うち、◎2)
とても満足しています。ありがとうございます。(同様意見2件)
学校になかなか行けない分とても支えてもらっています。
今できること、やれそうなことにもチャレンジする機会を与えてもらって自信もでてきました。子どもの様子をみながら考えてもらっているので今後も末永くよろしくお願いします。
(注釈)
放課後等デイサービスを利用する個々の子どもについて、その有する能力、置かれている環境や日常生活の状況に関するアセスメントを通じて、総合的な支援目標及び達成時期、生活全般の質を向上させる為の課題、支援の具体的内容、支援を提供する上での留意事項などを記載する計画のこと。放課後等デイサービス事業所の児童発達支援管理責任者作成する。
事業所の日々の支援の中で、一定の目的をもって行われる個々の活動のこと。子どもの障がい特性や課題、平日/休日/長期休暇の別等に応じて柔軟に組み合わせて実施されていることが想定されている。

事業所向放課後等デイサービス
自己評価表(平成29年度)

チェック項目 はい どちらとも
言えない
いいえ 工夫している点・課題や改善すべき点など

環境・体制整備

利用定員が指導訓練室等スペースとの関係で適切であるか
職員の配置数や専門性は適切であるか
人員配置基準より多く指導員を配置し、指導員6名体制で支援に当たっている。
事業所の設備等について、バリアフリー化の配慮が適切になされているか
段差は少なく玄関や通路は広めに確保しているが、トイレや手洗い場は手狭であり、障がい者用でもない。現状では問題ないが、手すり設置などについて考えていきたい。

業務改善

業務改善を進めるためのPDCAサイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画しているか
業務の進め方については、全職員で日々試行錯誤しながら進めている。役割分担や時間の使い方などまだ工夫の余地があると思われるので引き続き、検討していきたい。
保護者等向け評価表により、保護者に対して事業所の評価を実施するとともに、保護者等の意向等を把握し業務改善につなげているか
保護者評価を今年度から実施。また行事では感想を含めたアンケートを回収するなどしながら保護者の意向を把握している。ただ、実施時期が年度の後半と遅くなってしまった為、次年度からは早めに実施してより保護者の意向にそっていけるようにしたい。
この自己評価の結果を、事業所の会報やホームページ等で公開しているか
今年度からホームページにて結果を公表。
第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげているか
来年度より第三者委員を設置。
職員の資質向上を行うために、研修の機会を確保しているか
社内研修を月1回程度実施。外部研修にも積極的に参加し、参加した職員は、会議で全職員に研修報告をすることで情報等の共有を図っている。

適切な支援の提供

アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、放課後等デイサービス計画を作成しているか
子どもの適応行動の状況を図るために、標準化されたアセスメントツールを作成しているか
活動プログラムの立案をチームで行っているか
児童の現状や発達の状態を全員が把握し、児童にとって必要な経験についてチームで検討しながら、プログラムの立案を行っている。
活動プログラムが固定化しないよう工夫しているか
平日、休日、長期休暇に応じて、課題をきめ細やかに設定して支援しているか
子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて放課後等デイサービス計画を作成しているか
利用児童個々の育ちや小集団としての育ちについて丁寧に見取りながら計画を作成している。
支援開始前には職員間で必ず打ち合わせをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認しているか
支援終了後には、職員間で必ず打ち合わせをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気付いた点等を共有しているか
打ち合わせの他にも、気付いた点等について、シフトで休みの職員にも伝達漏れがないように、情報共有用のボードを用意している。
日々の支援に関して記録をとることを徹底し、支援の検証・改善につなげているか
定期的にモニタリングを行い、放課後等デイサービス計画の見直しの必要性を判断しているか
ガイドラインの総則の基本活動を複数組み合わせて支援を行っているか
ガイドラインの読み合わせを行い共通理解している。ほぼ網羅されているが、地域連携については課題が残る。

関係機関や保護者との連携

障害児相談支援事業所のサービス担当者会議にその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画しているか
学校との情報共有(年間計画・行事予定等の交換、子どもの下校時刻の確認等)、連絡調整(送迎時の対応、トラブル発生時の連絡)を適切に行っているか
学校からおたよりをいただいたり、保護者の方より下校時間等を丁寧にお知らせいただく形で情報共有を図っている。また、予定変更がある場合などは送迎時に直接学校の先生に確認したり、電話やFAXでやり取りするなどして調整を行っている。
医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、子どもの主治医等と連絡体制を整えているか ---- ---- ----
現在のところ、在籍児童においては医療的ケアを必要としているケースがない。
就学前に利用していた保育所や幼稚園、認定こども園、児童発達支援事業所等との間で情報共有と相互理解に努めているか
幼稚園や保育園、児童発達支援からの引継ぎを丁寧に行っている。また、就学後も、その後の育ちについて幼稚園の先生と連絡を取り合いながら、連続した支援を行えるように努めている。
学校を卒業し、放課後等デイサービス事業所から障害福祉サービス事業所等へ移行する場合、それまでの支援内容等の情報を提供する等しているか
過去に学校を卒業している児童がおらず、また、当事業所の対象が1年生~4年生なので今後も対象ではないと考えられる。しかし、今後学童期の情報が必要な場合などがあれば提供していきたい。
児童発達支援センターや発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか
定期的な訪問を受け、助言や指導をいただいている。また、センター主催の研修には必ず参加している。
放課後児童クラブや児童館との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか
公園等で近所の子ども達と一緒に遊ぶことはあるが、デイサービスの交流活動として計画したことはない。
(地域自立支援)協議会等へ積極的に参加しているか
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解を持っているか
連絡ノートの他に、送迎時に、日々の様子を保護者に丁寧に伝えている。また、課題等が複雑になっている場合は児童発達支援管理責任者が個別に話をするようにしている。
保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対してペアレント・トレーニング等の支援を行っているか
個別面談を通じて、お子さんの育ちについて共通理解を図り、保護者の悩み等も共有しながら、共に支援できるようにしている。しかし、ペアレントトレーニングを意図した企画や活動、保護者会などの開催には至らず今後の課題となる。

保護者への説明責任等

運営規程、利用者負担等について丁寧な説明を行っているか
保護者からの子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか
父母の会の活動を支援したり、保護者会等を開催する等により、保護者同士の連携を支援しているか
保護者会の開催ができていない。今回の保護者評価で多くのご希望をいただいたので、早々に実施したい。
子どもや保護者からの苦情について、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、苦情があった場合に迅速かつ適切に対応しているか
苦情の対応体制を整備し、迅速かつ丁寧に解決を図っている。また、その原因を丁寧に探って共通理解し、その後の支援に生かしていくようにしている。
定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか
毎月1回おたよりを発行している。また、避難訓練や長期休みの様子など、細かく伝えたいことがある時はおたよりを発行している。また、保護者に準備してもらうこと等がある場合は行き違いがないように書面等でお伝えするようにしている。
個人情報の取り扱いに十分注意しているか
障がいのある子どもや保護者との意思疎通や情報伝達のための配慮をしているか
丁寧に話を聞く姿勢を常に意識している。また言葉での意思表出や伝達が難しい児童についても、できるだけ本人の意思を汲み取れるように、様々な工夫を行っている。
事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っているか
地域との連携については今後の課題である。進めるにあたって保護者の同意等にも配慮しながら行っていきたい。

非常時等の対応

緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、職員や保護者に周知するとともに発生を想定した訓練を実施しているか
職員間での共通理解はできているが、保護者への周知の徹底には至っていない。今後改善したい。
非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っているか
月1回、避難訓練を実施している。
虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をしているか
虐待防止委員会を設置し、研修を繰り返し実施している。
どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得た上で、放課後等デイサービス計画に記載しているか
やむを得ず身体拘束を行わなければならないケースがない。今後そのようなケースがあった場合は計画に明記し、事前に十分な説明を行う。
食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか
医師の指示書はなく、保護者からの情報提供により対応している。対応については、提供するおやつの原材料を全職員で確認する、おやつの置き場所を分ける、壁や冷蔵庫へのアレルギーのある児童とその種類を表示をするなど、間違いのないように徹底している。
ヒヤリハット事例集を作成して事業所内で共有しているか
日々報告をし、日詩等には記載しているが事例集は作っていない。今後作っていきたい。